当社について


沿革

 昭和40年に父親が周防大島町(旧東和町)にて、畳の製造・販売業で創業。

 昭和33年曾祖父が周防大島町(旧東和町)にて、豆腐の製造・卸売りとして創業。

 両親の結婚を契機に両事業の合併継続の後、平成9年に(有)生田畳豆富店として法人化しました。

 

 その後、兄弟で畳事業・豆腐事業を続けてまいりました。

 そして、法人化して20周年の節目の年、平成29年5月31日をもちまして、(有)生田畳豆富店を解散し、兄が畳事業を弟が豆腐事業でそれぞれ一人立ちする事となりました。

 今後は、屋号を『畳工房  いくた』と心機一転リニューアルし、続けて精進をしてまいりますので、今後ともご贔屓によろしくお願い致します。